MENU

ヘアーカラートリートメント使用中の人は美容院で白髪染めしてはいけない理由!

ヘアカラートリートメントを使っているけれど、たまには美容院で染めてみようかな?と思っている人もいることでしょう。ヘアカラートリートメント使用中に美容院で白髪染めするデメリットについて考えたことはありますか?最近話題になっている主に刺激の強い成分ジアミンなどヘアカラーを使ってアレルギー症状になる危険性について、知らない人は、自分は関係ないと思わないで早めに知っておくといいでしょう。

 

ヘアカラートリートメントと美容室白髪染めを併用する危険性

  1. ヘアカラートリートメントと美容室での白髪染めは同時にはできない!その理由
  2. ヘアカラートリートメントの仕組み
  3. どちらを選ぶほうが良いのか?

ヘアカラートリートメントと美容室での白髪染めは同時にはできない!その理由

美容院に行って、ヘアカラートリートメントをしていると言ったら美容師さんに白髪染めを嫌がられてしまった・・・そんな経験をお持ちではないでしょうか?

 

なぜヘアカラートリートメントをしていると美容室での白髪染めができなくなるのでしょうか?これは、美容室での白髪染めが不可能になる、というわけではありません。

 

美容師さんが嫌がる理由

  • 色が入りづらくなる
  • 染まりにくくなる
  • 落ちやすい
  • 色ムラができやすい

 

ヘアカラートリートメントの仕組み

ヘアカラートリートメントはどのようにして色を入れているのでしょうか?

 

通常のヘアカラーは1回キューティクルを壊し、その中に色を入れ込んで染色します。ヘアカラートリートメントの場合は、そのようなダメージのある方法は用いません。

 

ヘアカラートリートメントは染色方法

髪のキューティクルが整った状態でも入るようなナノ分子レベルの細かい染料を使って、ダメージを与えずに髪を染めています。

 

ヘアカラートリートメント

ヘアカラートリートメントは頭皮や頭髪にはダメージがないので、キレイな発色を楽しむことができます。

 

ヘアカラートリートメントを使っていると、髪の表面をナノ分子レベルの染料が覆っています。

 

美容室で白髪染めをする際には染料がついている部分には色が入りません

 

ヘアカラートリートメントの染料はなかなかとりづらいので、一度ヘアカラートリートメントを使用した人は一定期間はヘアカラートリートメントのみで白髪染めをした方がいいですね。

 

再度美容室で白髪染めをする際には、数日置いてヘアカラートリートメントが髪から完全に落ちたタイミングの時期を選びましょう。

どちらを選ぶほうが良いのか?

美容室で白髪染めをするデメリット

  • 時間がかかる
  • お金がかかる
  • 頭皮と髪への刺激が大きい

 

特に薄毛の人が毎月のように美容室で白髪染めするのは、かなり頭皮ダメージや毛根への破壊につながります。

 

白髪染めはずっと続けていくものなので、続けやすいほうを選ぶのがいいです。定期的に継続するには、ヘアカラートリートメントのほうが安心です。

 

ヘアカラートリートメントが髪に残っている状態で、美容室で白髪染めしたらどうなる?

薬剤の違で変色する場合があります。稀に、白髪が緑色に染まったということもあります。

美容院のカラーリングとヘアカラートリートメントの違い

 

ヘアカラートリートメントを使用しているのなら、美容室での白髪染めは少し日数を空けてからにしましょう。

 

もし希望するなら、担当の美容師さんと話し合いそのタイミングを決めてから、にするのが良いでしょう。