MENU

育毛剤の選び方

テレビや雑誌でも多くの育毛剤が宣伝されていますよね。どれも薄毛予防の効果がありそうだし、何が違うのかわかりにくいですね。

 

育毛剤にはいくつかに分類がされます。

 

  • 血行促進させる育毛剤
  • 男性ホルモンを抑える育毛剤
  • 栄養補給をする育毛剤
  • 皮脂の分泌を抑える育毛剤

 

大きく4つの種類の育毛剤に分けられます。まずは、血行促進させる育毛剤の効果と育毛剤を選ぶポイントを紹介します。

血行促進させる育毛剤の特徴は?

髪の毛は毛根が毛細血管から栄養が送られて伸びていくことができます。

 

つまり毛細血管からの栄養がこないと毛が伸びることができないのです。

 

血行が悪い原因は、運動不足、バランスの悪い食生活、タバコ、ストレスなど生活習慣がとても関係しています。

 

血行を促進させる育毛剤は、頭皮の血行を良くして薄毛予防をするのです。

血行促進させる育毛剤を選ぶポイントは?

育毛剤には他にも分類ができます。それは「医薬品」「医薬部外品」「化粧品」です。

 

医薬品は厚生労働省が認定したもので、薄毛予防効果や育毛効果が認められています。

 

医薬部外品や化粧品は医薬品に比べたら育毛効果が弱いため、育毛剤を選ぶポイントは効き目のある「医薬品」がポイントです。

 

医薬品の育毛剤は、病院や薬局、ドラッグストアなどで購入ができます。

 

しかし、医薬品の育毛剤を購入する際は、医師や薬剤師、登録販売者の説明を聞いた上で購入しましょう。

 

薄毛予防にプロペシアが効果大って本当?

刺激が強すぎると逆効果になる!?

血行促進させる育毛剤で人気があるのは、メントールなどスーッとした成分が配合されているのもです。

 

最近では、勢いのあるスプレー式で頭皮につけたり、よりメントール成分が強いものがあります。つけた直後はスーッとして気持ちがよくて薄毛予防効果を感じそうですが、刺激が強いと逆に頭皮が堅くなる可能性があります。

 

また、皮膚が弱い人はかぶれの原因となり、皮膚が炎症を起こし脱毛をしてしまうこともあります。頭皮が堅い場合や皮膚が弱い人は、刺激が強く感じた場合には別の育毛剤を使用することをおすすめします。

 

血行促進させる育毛剤は、ストレスやタバコをすったり、生活習慣の乱れにより頭皮の血行が悪くなった人に効果的です。

 

効果の高い医薬品の育毛剤を使用することをおすすめしますが、血行が悪くなる原因である生活習慣も改善して薄毛予防もしていきましょうね。