MENU

プロペシア効果って?

様々な育毛剤が店頭に並んでいて、どれを使えばよいかを迷ってしまいますよね。そのお悩みの薄毛予防に効果が高いのがプロペシアです。でもプロペシアってあまり聞いたことがない薬ですがどんな薬なのでしょうか?プロペシア効果をご紹介させていただきます。

 

プロペシアは元々前立腺肥大の治療薬として使われていました。前立腺肥大は加齢とともに患者数も増加していき、60歳では約6割の男性が前立腺肥大の症状がおきます。

 

前立腺肥大の患者の多くが排尿困難の症状が現れます。この前立腺肥大の薬として開発されたのがプロペシアです。

 

前立腺肥大の原因は男性ホルモンが関係しており、男性ホルモンの過剰な作用を抑えることで、前立腺肥大の治療として使われてきました。

 

実は、この男性ホルモンを抑制する効果が薄毛予防にも効果があることがわかり、現在ではプロペシアは薄毛予防としても治療に使われているのです。

 

プロペシアが薄毛予防に効果大って本当?

男性ホルモンは体内にある5αリダクターゼという酵素と結びつくと、ジヒドロテストステロンという物質に変化します。このジヒドロテストステロンは毛根の細胞に髪の毛を伸ばすことを止める命令をだしてしまうために、次第に髪の毛が生えてこずに薄毛になってしまうのです。このような男性ホルモンが原因で薄毛になることを男性型脱毛症といいます。プロペシアはこの男性型脱毛症での薄毛予防に効果がとても高いのです。

 

5αリダクターゼは男性の骨や筋肉、精子の生成や性欲に関係している酵素ですので、体にとっては大切な酵素の一つです。プロペシアはこの5αリダクターゼの働きを抑制して、薄毛の原因であるジヒドロテストステロンが作られないようにしてくれます。
ジヒドロテストステロンが作り出されないと、再び髪の毛が伸びますので、薄毛が改善されていきます。プロペシアは服用した7割〜8割の人が薄毛の改善し、ほぼ100%の人に薄毛の進行が止まる結果もでています。

プロペシアが効かない人や副作用は?

プロペシアは男性ホルモンが過剰に作用したことでの薄毛予防になりますが、それ以外でのストレスやタバコ、食生活、生活習慣が原因では薄毛予防効果は少ない可能性があるので、まずは自分の生活リズムを正常にするのは第一と考えましょう。

 

副作用ではとても少ない割合ですが、性欲減退や性機能低下が起きています。また肝機能障害もまれで起きることが確認されています。

 

プロペシアは元々男性ホルモンが原因の前立腺肥大の治療に使われてきました。しかし、薄毛予防になることがわかり、現在では薄毛予防の薬として広く使われています。プロペシアの薄毛予防の効果はとても高く、7割〜8割の人に改善がみられます。しかし、生活習慣などが原因で薄毛になる場合には効果はみられませんので、生活習慣も見直すことも大切ですね。

 

(ヤマト便)[NR-09]ミノキシジル15%+αローション 1本 +フィンペシア30錠(キノリンイエローフリー新タイプ) +ニナゾルシャンプー1本 1セット