MENU

育毛中に髪を染めるのはダメ?薄毛が進行するって本当?

育毛対策をしている、でも同時に白髪も気になる・・!

 

育毛対策と白髪染めを同時に行ったら育毛効果はなくなってしまうのでしょうか?

 

育毛中の白髪染めで気を付けるポイント

  1. 育毛中に気をつけるべきこと
  2. 育毛中に髪を染めるのはダメ?
  3. 育毛中に白髪が気になったときは?

育毛中に気をつけるべきストレスについて

薄毛

育毛中に気をつけるべき事は何か?それは薄毛や抜け毛の原因となることで、そのひとつはストレスです。

 

なぜストレスは抜け毛や薄毛まで引き起こしてしまうのでしょうか?ストレスを受けると、私達の体では血管が急速に収縮します。アドレナリンが出て、興奮状態・緊張状態になるわけです。この状態になると仕事への集中力などは上がるので、良い効果もあるでしょう。

 

ストレスが溜まると起こる症状

  • 血管が収縮されたまま
  • 血流が悪くなる
  • 血液により運搬される酸素が体中に届かない
  • 血液不足、酸素不足になり新陳代謝や老廃物の排出なども滞る

 

ストレスの影響が出やすいのは?

頭皮です!

薄毛

頭皮は正常な血液循環により栄養が供給され、それにより健康な頭髪を保っています。栄養が滞り、酸素も送られないとなると頭髪は元気をなくしてしまいます

 

さらには新しい頭髪をつくる機能も低下してしまいます。薄毛が気になり始めて育毛中なら、なるべくストレスを避ける生活をして、1日に1回はリラックスした時間を持てるようにしましょう。

育毛中に髪を染めるのはダメ?

頭皮にとってストレスになる物質の1つがカラーリング剤などの化学物質です。弱った頭皮は化学物質を排出する力が弱くなっています。

 

弱った頭皮に化学物質を多く使うカラーリング剤を使うとどうなる?

頭皮をさらに弱め、育毛や発毛が不可能な状態にしてしまいます。

カラーリングにはキューティクルを破壊するほどの力があるので、弱った頭皮へのダメージもかなり大きいです。育毛中は頭皮の力を再生している期間なので、頭皮ダメージを起こすカラーリングは避けたほうが良いでしょう。

育毛中に白髪が気になったときは?

育毛中におすすめの白髪染めは?

頭皮へのダメージが少ないカラートリートメントがおすすめ!

最近のヘアカラートリートメントは育毛効果のある製品も出てきています。頭皮ダメージもなく白髪染めもできるので一石二鳥ですね。

 

利尻昆布ヘアカラーで毛染めした効果を参考に美容院の白髪染めではなく、ヘアカラートリートメントを使って染めるのに切り替えていくのも良いでしょう。

 

育毛中ならば、毛染めは諦めたほうがいいでしょう。ですが今はカラートリートメントなどの代替策がたくさんあるので、上手にそれらのアイテムを使ってストレスなく育毛を続けていきましょう。