MENU

育毛効果のある白髪染めとは?

ハゲ対策

薄毛が心配で将来、絶対にハゲになりたくない!と思っている人は、すぐに今までの白髪染めを考え直したほうがいいかもしれませんよ。

 

容器の裏面に「染毛剤」と指定されているものはこの下にある成分が入っているので頭皮ダメージは激しいので、すぐにでもやめることを勧めます。

美容院の毛染めや市販のヘアカラーに入っている主な成分のダメージ
ジアミン系染料・・刺激が強い染毛剤で、頭皮の腫れ、かぶれ、かゆみ、湿疹、じんましんなどの症状が報告されている。肌アレルギーのある人は使用しない方が良い。
過酸化水素水・・脱色するのに使用、オキシドールと同じで濃度の高いものは劇物指定されている。口からでなく頭皮から入っていくヘアカラーは実は特に危険で、薄毛など気にしている人は、使い続けると改善は難しい。

 

使っていい染料とは?
塩基性染料・・・・塩基性茶16、塩基性青99などの成分表記で合成染料の一つ。
天然成分・・・・・・昆布や花から抽出した染料。

 

ヘアカラートリートメントのほとんどなら、天然染料がメインなので、ほぼ心配ありません。その中でも、完全に刺激性のある成分を使っていない利尻昆布ヘアカラーなら、天然成分の割に、成分がナノ化され、浸透しやすく、使いやすい白髪染めとして安心して使えますよ!

 

私の夫は、このヘアカラートリートメントを定期的に使っているけど、かなり薄毛が改善されました!

 

薄毛 安心白髪染め

 

通常価格3000円(税別)200グラム入り

初回購入千円引き⇒2000円

薄毛 安心白髪染め

 

ヘアカラートリートメントの成分で頭皮に有効なのは?
昆布、クチナシ、ウコンなど・・保湿性、血行促進や解毒作用など。
アロエ、はちみつなど・・保湿効果や美白効果
ミネラル、フコイダンなど・・基礎代謝を促進、活性酸素を除去など

 

白髪染めトリートメントが染料としているものは、自然由来のものが多く、また分子の大きさが大きいので髪の内部に浸透することが難しい分、頭皮にもやさしいのです。髪の表面にしっかりくっついて、マニキュアのような染め方をしているのがヘアカラートリートメントで、ほとんどが天然成分だけど、多少の海面活性剤を使ったりなど、あり、市販のへアカラーよりましだけど、やはり多少の刺激あります。

 

気になる人は、完全天然成分のものから始めて、半年くらいは続けて使うのがオススメですよ。