MENU

薄毛の人が毛染めするときの注意って?

売り場では男性用と女性用とでヘアカラーが分けられて売っていますが、染め方や中身の成分としてはまったく同じ。

 

男性用だから太い毛の人でも染まりやすいとか、そのような差はありません。女性用のほうが香りを重視してあることが多いとか、色の種類が多いとかそのような違いがある程度なんです。

 

色の種類に関しては確かに、女性用のほうがかなり豊富です。もっとも、これからの時代はおしゃれな男性も今より増えて、色の種類も多く展開されるようになるのかもしれませんね。

 

男性が白髪染めをする時の注意ポイント

  • 抜け毛や薄毛に悩んでいる人は、頭皮をしっかり保護してから染めるようにする
  • もみあげや生え際などは人目に付くので十分に周辺の皮膚をクリームなどで保護して染めるようにする
  • 自分の眉毛やヒゲの色などとあまりかけはなれないような色を選ぶ

 

白髪染めは一度やり始めるとずっと続けないといけなくなってしまうので、薄毛や抜け毛になりやすい男性にはなかなかハードルが高いので、髪や頭皮に優しいカラートリートメント系のものを選んで染めれば大丈夫です。

アトピー肌の人の白髪染めは何に注意するべき?

 

アトピー肌の人や、薄毛傾向の人は頭皮が弱っているので、よく注意していかないといけません。

 

肌は、とてもデリケートな状態になっていますから、白髪染めという刺激の強いものを使うときは注意が必要です。

 

かぶれができてしまうだけではなく、発疹ができてしまうこともあります。その発疹も頭皮部分だけならまだしも全身に広がることもあるということなのでかなりの注意が必要です。

 

アトピー肌の人はなるべく刺激を与えないようにしたいので、保存料などの添加物が入っておらず、自然由来成分が豊富に入っているものを選びたいものです。
化粧品をえらぶときの基準をそのまま白髪染めをえらぶときにも適用させるようにするとよいでしょう。肌にいいものは当然、頭皮にもよいですしね。

 

アトピー、敏感肌の人が白髪染めをつかうときの注意点

  • 化学物質無添加と表示のあるもの
  • 髪の色をあまり明るくしすぎないようなもの
  • 頭皮をオイルなどで必ず保護してから使う

 

頭皮が弱っているなと感じるような敏感肌の人や、最近抜け毛が多いとか薄毛が始まっている人で、初めて白髪染めトリートメントを使うなら、市販のアルカリ性のものではなく通販で手に入るルプルプなどの白髪染めヘアカラートリートメントを用いるのがよいでしょう。