MENU

日本人の薄毛事情は?

髪の毛は頭という隠すことのできない部分にあって、人間の体のてっぺんにあって一番目立つところにあるので、薄毛が気になる人にとっては大きな悩みの種です。

 

薄毛であるだけで実際の年齢よりすごく老けて見られる人多いのですよね。

 

日本人の男性のどのくらいが薄毛に悩んでいるのかというと、某有名大手かつらメーカーが世界21の国と地域で調べた結果をご紹介します。

日本人男性の薄毛率と人数

  • 薄毛率は26.78%
  • 薄毛人口は1293万人

5人に1人が薄毛で悩んでいるといことになります。でもこれは0才〜の調査なので、成人男性だけでみると比率はもっと高くなりますね。日本だけでなく調査対象の21か国で世界的な薄毛ランキングは以下です。

 

世界の薄毛ランキング
1位:チェコ(プラハ)・・・42.79%
2位:スペイン(マドリード)・・・42.60%
3位:ドイツ(フランクフルト)・・・41.24%
4位:フランス(パリ)・・・39.24% ・
       ・
       ・
14位:日本(東京)・・・26.78%

 

金髪やブロンド色の髪の外人さんなら、多少薄毛になっても目立ちにくいかもしれませんね。日本人は黒髪なので、地肌との色の差でどうしても薄毛は目立ってしまいます。

 

薄毛というと男性というイメージですが、最近では女性でも薄毛に悩んでいる人が多いです。その数は600万人とも1,000万人とも言われているほどなんです。女性が半分と考えてみると6,000万人。つまり6〜10人に1人が薄毛に悩んでいることになります。中でも30代の女性では薄毛で悩んでいる人が30%以上もいるんです。女性にとっては髪は命ともいえるので少しでも薄毛になると、かなりのショックではないでしょうか。ただ一般に、女性の薄毛は男性よりも改善しやすいと言われています。きちんとした対応をすれば、改善できる場合も多くあります。そう考えると男性の方が薄毛に関しては女性よりも深刻な問題と言えるかもしれませんね。
薄毛人口は、この先増えることはあっても、少なくとも減ることはないと言えますね。原因は、食の欧米化や社会的なストレスの増加という要因が関係しています。
ノーベル賞を受賞したiPS細胞などを使った再生医療は、薄毛治療にも応用が可能と言われています。今後研究が進んでいくことに期待したいと言いたいところですが、今現在の薄毛を進行させたくない!効果がある方法があるならぜひ試してみたいという人はクリニックに足を運ぶことをおすすめします。世の中たくさんの育毛製品が売られていますが、薄毛には人それぞれ原因や違いがあるので、自分に合った方法で治療するのが一番育毛には近道です。薄毛でクリニックというのは敷居が高いと思われがちですが、本当に薄毛で悩んでいる人は、下手に自分で選んだ育毛剤など使わずさっさとクリニック通っているのも事実なんですよ。